感冒になると関節痛になります。辛いですね…

退院してから約二ヶ月という三週。その間に関節痛で苦しんだこともあります。

私の場合は主に流感による関節痛で、ゆったり寝ていてもじわじわと痛みが発されるもので、ずいぶん寝て入られませんでした。

そうして調べてみると、なんでも流感の関節痛は、「カラダを治してあるシンボル」なのだということを聞きました。なんでも、ウイルスについて白血球が対抗してとある分泌物を押し流すのですが、そうして出された分泌品物・サイトカインは、大量に分泌されるって臓器体系に悪影響を及ぼして仕舞うそうなのです。

そうして、その山盛り分泌を防ぐためにPGE2という物がそれを阻止するそうなのです。

但し、その阻止するPGE2の反応に関節の痛みやパッションがあるそうです。

つまり、関節の痛みがある流感になったときは、下手に動かずしげしげと流感が癒えるまで休むことが重要であると思います。

因みに流感薬の中には関節の痛みに効く薬もあるそうなので、それを呑むこともソリューションのひとつになるかも知れません。

私もやっとに備えて、ロキソニンだけでなく流感薬も用意しておこうと思います。

今冬はまだばっかりにて始まったばかり。流感警備などをして、健康に過ごしていきましょう。

私も歩いてスタミナを付けようと思います……。